読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩凝りが治らない

特にタメになることはなにひとつ

2014.09.02 つかこうへいダブルス2014「新・幕末純情伝」

舞台

こんにちは。

 

秋は観劇が多くなりそうな予感で楽しみなのですが、早速一発目!

つかこうへいダブルス2014 『新・幕末純情伝』『広島に原爆を落とす日』

観劇してきました。

「つかこうへいダブルス」ということで2作続けて上演されるんですけど、ほとんど同じキャストが出演するんです。今週は「新・幕末純情伝」の方を観て来週は「広島に原爆を落とす日」を観ます。

 

 あらすじ

時は幕末。 名刀、菊一文字宗春とともに置き去りにされた赤子を拾った勝海舟
女にもかかわらず、沖田総司と名付けられたその赤子は、美しい剣士に育つ。
長じて京に上った総司は、自分の病である労咳を恐れぬ土方歳三に惹かれ、
近藤勇率いる新撰組に入隊。隊士として人斬りの日々に身を投じる。
黒船の来航で幕藩体制は揺らぎ始め、時代は風雲急を告げる。
そんな物情騒然たる情勢の中、維新の志士たちは自らの信じる道へ、
この国を導くべく動き出した。
平等で自由な時代の到来を説く、坂本龍馬
ひもじい思いをする者のない世界を夢見る、桂小五郎
そして、大政奉還実現のため暗躍する、勝海舟
こうした新たな時代の息吹に触れて、未来に希望を見出す総司
しかし、彼女にはあまりに過酷な運命が待ち受けていた――。

 

 登場人物は歴史上の偉人たちなのですが、設定がおもしろいです。沖田総司が女性ですから。(話の内容も史実に沿ってるようなぶっ飛ばしてるような、といった感じ)

2011年に同じタイトルの舞台を観劇しているのですが、今回とキャストが違うのでそれもまた新鮮でした。河北麻友子さんが2作ともヒロインを演じるんです、今回。初舞台初主演にして2作ですし、つかこうへい作品は台詞がめちゃくちゃ多いんですよ!総司は周りの主要キャラより台詞がいくらか少ないとはいっても、それでも多いと思います。殺陣や滑舌、声量などまだ足りてないなと思う部分はあったものの、お芝居はできてたので経験積むまで辛口評価は多いかもしれませんがぐーんと成長しそうなのでこれからも舞台頑張ってほしいです。なんだか偉そうに申し訳ありませんが。河北さんの演技力っていうのが全然見当ついてなくて、GMOのCM見たかぎりじゃ滑舌は期待できそうにないなーと思っていたものの、他は全然知らなくて。やっぱり幕が開いて最初の台詞は「ちょっと聞きとりづらいな」という印象でした。最前列でそう思ったので、後ろまで声聞こえてるのかな?なんて思ったりもしたんですが物語が進んで後半では芝居にすごく熱がこもっていて、感動して総司が泣いているところでつられて泣いてしまいました。総司の不器用なところと河北さんの真っ直ぐお芝居している感じが合っていたのかも。滑舌や台詞の言い回しは慣れていけば上手になると思うんですけど、あの眼力は河北さんの天性のものだと思うので今回だけじゃなくて舞台の道に進んでほしいなぁ、なんて偉そうに思ってみたりしました(ド素人が)。殺陣の部分は早乙女友貴くんが身軽にすごいの見せてくれたので満足でした!

 

総司のパートナーになる坂本龍馬役は神尾佑さん。神尾さんのイメージは仮面ライダーOOOの真木博士とかSPの石田さんが強いですね(全然違うキャラ像)。つかこうへい劇団の出身だったんですね、知らなかったです。とにかくこの坂本龍馬はですね、しつこい。総司に一目惚れして以来つきまとって「一発ヤらせてくれ!」的な、そうじゃなくても下ネタともとれる台詞が多い舞台で、でも明るいキャラクターのせいかあっけらかんとしてそういうことを言うのでいやらしいというよりもコミカルでした。言われる総司も憮然としているので、変なエロさは無いので中学生男子が覚えたての下ネタを大声で言ってるような感じで微笑ましい。いや、実際は純粋に愛を叫んでるんだと思うんだけどストレートすぎてぜんぶ直接的な方向にいってるっていう・・・龍馬さん真っ直ぐな男じゃあ。龍馬の登場曲が北斗の拳の「愛をとりもどせ!!」で、苦しくなるくらい笑いました、神尾さんの顔芸で(笑)龍馬も台詞が多くて早口状態のところが多かったんですが、大声になるところはさすがの声量で圧倒されました。

 

毎公演いちおう日替わりアドリブ?のようなところがあったみたいで、桂役の高橋龍輝くんが2年ほどお仕事してなかったんですよ。その仕事を休んでいた理由っていうのが日替わりになっていたようで、

神尾「ももクロのモノノフやりたいからって2年も仕事を休むな!」

膝から崩れ落ちる龍輝くん。照れ笑い?苦笑い?しながら違う違うと首を振りつつ脱力。

周りが「何色?」「何色推しなんだ?」と囁きながら、しばらくして龍輝くん立ち上がり、

龍輝「赤です」

2年もモノノフやってたんだそうです(笑)日替わりネタなので実際のところは違うと思いますが。

それから日替わりとは別でハプニングもありました。近藤が土方に鼻フックするシーンがあるんですが、久保田さんの指が本当に細貝圭くんの鼻に入ってしまって、圭くんが転がる前に「マジで入った・・・!」って呟いたのが聞こえました。そのあと鼻が相当痛かったのか真っ赤になった鼻をおさえて芝居を続行する圭くん。鼻血が出ていたみたいで余計おさえてる手を離せなくて鼻が詰まった状態で台詞も言うし相槌打ったりしてるので、それがおもしろくて桑野くんが新しい時代がきたら教師になりたいという夢を語っているのにどうしても圭くんがおもしろくて笑ってしまうという。こんなハプニングはじめて!新撰組の屯所ではうなぎを食べようという話になってそこに梅干しを持った桂が「差し入れの梅干しだ!」といって隊士に投げつけるシーンがあって、その後にアドリブで「差し入れのティッシュだ」と土方にティッシュを渡してました。土方も「ありがとうございます」って普通に感謝してました。生ってつくづく大変です。

 

2年お仕事をお休みしていたという高橋龍輝くん。今回わたしのお目当ては彼でした!

仮面ライダーフォーゼ*1でファンになり、次のお仕事なにかな~♪なんて構えていたら2年!長かったような・・・あっという間だったような。モノノフでもなんでもいいんで、これからはお仕事してもらえると嬉しいです。

フォーゼを見てからテニミュ*2も見て、というパターンで演技力あるし声がいいし歌もうまいし・・・これは推せる。と、確信してから2年(しつこい)。とはいっても初めてフォーゼで見たときは、

f:id:kyxomg:20140905035054j:plain

 「ぶさかわ」だなんて失礼なことを思ったんですが。すごく好き。フォーゼの賢吾くんも色々難しいキャラ設定だったんですが、最後めちゃくちゃ泣かせにきててやっぱり演技力あるなぁ、と。若いのに声に説得力があるんですよ。頭のいい役もできちゃう。でもおバカもやれるし、なんなら一瞬で切り替えられるくらいの技量もあります。喉が強いと思うんです。桂役も静かだったり激昂したり緩急激しいキャラで、早口で静かに喋ってたと思ったらいきなり大声出したり。でもその後また静かになったときに全然喉が潰れてない!舞台向いてるんだと思うんです。「泥喰ってまで生き延びた」など桂の過去の暗い部分を話してるときに突っ伏してぶるぶる震えるシーンが好きです。怒りとか悔しさで震えている感じ。生きていくのって本来、大変なことなんだよなって思わせてくれたシーンでした。

推したい!だから、お仕事してください。あ、この間チンピラ?役でGTO出てましたね。どんどん色んな役やってほしいです。

f:id:kyxomg:20140905035515j:plain

公演中なので写真はぼかしてみました。今回の舞台のパンフレットです。1冊で2作分セットになってます。龍輝くんは2作出ているので2作分のお写真とインタビュー載ってます。そんな買うつもりじゃなかったのに見本で龍輝くんのところ見開きで置いてあって、写真見た瞬間「1部ください」って言ってました。龍輝くんのページ開いておくなんてずるい!いえ、ありがとうございます。

f:id:kyxomg:20140905040444j:plain

チラシ群の中に入ってたジャニーズ出演舞台のフライヤーです。こんなに入ってました!「ブエノスアイレス午前零時」は特に探していたので嬉しいです。

 

最後に、フォーゼにはまって仮面ライダーをこじらせた結果(仮面ライダーは元々昔から好きで見てはいたのですが)、

f:id:kyxomg:20140905040917j:plain

玄関にある(本来は)本棚がこういう状態になっています。

好きになるとグッズを買ってしまう癖をそろそろなんとかしたいんですが、モノが増えていく一方で・・・いつか勝手に捨てられないか心配です。

*1:2011年9月4日~2012年8月26日放送

*2:ミュージカルテニスの王子様