読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩凝りが治らない

特にタメになることはなにひとつ

2014.10.09 トニミュ「ON THE TOWN」観劇-長野くんお誕生日おめでとう-

こんにちは。

 

長野くん42歳のお誕生日おめでとうございます!

数字だけ見ると42歳かぁ・・・って思うけど長野くん見ると42歳って若いなって思います。42歳もいっぱい食べて幸せに過ごしてくださいね。

そんなおめでたい日に昼と夜の両公演で「ON THE TOWN」観劇してきました。

 

あまり各回での決まったアドリブは無いようですね。ただ、マダムディリーが昼よりも夜公演の方が酔っぱらってたりオジーの台詞がちょっと違ったりしてました。原人(?)集めて去年同窓会したんだよーってくだりが夜公演では同じ頭蓋骨の仲間集めて、って言っていたのでその時々で言いやすい方を使ってるのかもしれないです。

今さらなんですけど、ゲイビーとチップとオジーの関係性ってなんですかね。地元の幼馴染?酒びたりの毎日を救ってくれたのがゲイビーだって言う台詞がありますが、そこから海軍に入隊するまでのエピソードが気になっちゃいます。地元じゃ負け知らずのゲイビーだったりして。

 

長野くんのお誕生日をお祝いしたのはカーテンコールでした!

ヒルディーとチップが乗ってるタクシーのセットにシルビアさんと長野くんふたりで乗ってステージ中央へ。この時は長野くんが運転席の方に座ってました。タクシーのバックには「HAPPY BIRTHDAY to HIROSHI」の文字が(手書き)!書いた紙が貼ってある形式だったんですが、紙がはがれてきちゃってふたりでおさえたりもう一度紙を入れ込んで安定させようとしたり頑張ってました。

そして自分の誕生日なのになぜか井ノ原くんにひとりで歌うように言われて、戸惑いつつもひとりで歌いきってました。

キャストの皆さんはステージで、わたしたちは客席で長野くんが歌い終わるのを待って再度盛り上がるという。なので、「おめでとう!」は言いましたがわたしたち歌わせてもらえませんでした(笑)

 

夜公演はみんなで歌うんだろうなと思っていたけど、井ノ原くんに普通は通用しなかった!

井ノ原くんの振りの途中で幕が下りてきちゃって途中で上げられないので一旦中断。またすぐに幕が上がって、またひとりで歌わせるスタイル。しかもなぜか日本語で。斜め上な男です井ノ原くん。長野くんも首傾げながら結局歌っちゃうあたり優しい。自分の誕生日なんだからもっとわがまま言ったっていいんだよ。長野くんて他の人と優しさの概念違いそう。ああいう懐の深い人間になりたいな。わたしには無理だな!

「たんじょうびおめでとう。たんじょうびおめでとう。たんじょ・・・」って詰まってたのは多分「Dear」の部分困ったんでしょうね。結局そのまま「たんじょうびおめでとう」のみの歌詞で歌いきりました。「たんじょうびおめでとう。お、俺~」ここでも戸惑う長野くんがかわいい。

坂本くんはずっとニコニコ見てるだけで特にいじったりはしないんだけど裏でロウソクの灯を吹き消そうとしたらしく、イタズラはしっかりしていたみたいです。長野くんが「さっき裏で”この男”が―、」って言い出したときに悪友ノリだ!かわいい!って思ってました。楽屋でもそんな感じなのかなぁ。3人の楽屋の様子が見たいので全日程分編集無しでドキュメンタリーでも名目なんでもいいからDVD出してください。言い値で買います。

 

現場からは以上でした!

お誕生日おめでとうございました。