読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩凝りが治らない

特にタメになることはなにひとつ

V6『Sky's The Limit』

こんにちは。

 

なんとか2014年中に『Sky's The Limit』(以下:スカリミ)の感想が打てそうで安心しています。発売日は10月22日でした。2ヶ月も経ってる…!?!?驚きです。健くんが出演していた「ほっとけない魔女たち」の主題歌でした。前作『涙のアトが消える頃』の発売が8/27だったので、かなり短いスパンでの新曲リリースでした。若いグループみたいでびっくりしました、こんな短期間で新曲が出るなんて。しかも岡田さん的には大河で結構ハードなシーンやってたあたりだと思うのですが…去年より音楽番組への露出も増えて、V6のスケジュールってどうなってるのかと一瞬本気で考えました。ライブできないから代わりにテレビに、ってことだったんでしょうか?なんにせよテレビで踊ってるところいっぱい見られて楽しかったです。20周年もこの調子でよろしくお願いします。(図書館戦争も楽しみです)(毬江ちゃん出さなきゃ怒るよ)

 

Sky's The Limit

f:id:kyxomg:20141226134500j:plain

ミュージックカード付きの初回Aと初回B、そして通常の3形態購入しましたー!


DISCOGRAPHY | V6 Official Website

特典などの詳細は公式HPを見てください。

健くんが出演していたドラマの主題歌なんだとはいえ、ここまでの三宅健推しに慣れない…!6人だからセンター決めるの難しいけど、ひとりだけ一歩前にきてグループ率いてます状態なこの画が何度見ても慣れないです。20年近く見てるけど、こんな健くん単独センターなんて今までありました?今回のジャケットが良いとか悪いとかどうこう言う前にとにかく慣れなくて、困ってます。たまにはいいかもしれない。

 

Sky's The Limit:シングルでは久しぶりのアップテンポな曲調ですね。そして歌詞がV6のこと歌っているようで泣けます。V6って恋愛系の曲よりやっぱりこういう応援ソングというか聴くと元気になれる感じ、今日も頑張ろうと思える曲が似合う。通勤中に聴いて元気もらってます。普段アニソンを多く聴いているのでアニソンからのスカリミだと音が全然違うんですよ。スカリミは音自体にめっちゃお金かかってるのが分かります(アニソン業界ってあまり予算かけられないんだなということも同時に分かる)。綺麗なんですよね、音が。スカリミで一番好きな部分は最後のサビ前の「いつだってSky's The Limit~」の剛健パート。ヘッドフォンで聴くと剛くんから健くんへいくときに左から右へ(だったかな)耳の周りを剛健がうろうろしてるようにマイクが調整されているところ、好きです。ダミーヘッドマイク使ってるような効果ありますよね。

 

Eyes to Eyes:スカリミよりどちらかといえばこちらの方が従来のV6っぽい楽曲。のような気がします。歌割もトニ・カミで分かれているし、キーの高さもV6らしい。毎回高いんですよね。カラオケで歌おうと思うとV6はAメロからキー変えなくて楽勝ですもん(キンキは2つぐらい上げたくなるんですけど)。ライブでやるとしたらトニ・カミで外周分かれて歌いそうかな。

 

明日は来るから:ライブでやるなら最後の井ノ原くんのパートを頭に持ってきそう。で、アンコールでやりそう。タイトルも前向きな感じですし。最初聴いててめっちゃ井ノ原くんて感じのする曲だなぁと思ってたら、意外に岡田さんも合ってた。どの曲も岡田さんてなんちゃって絶対音感があるからか綺麗めに歌ってると思うんですけど、この曲にかぎっては2番のAメロとか落ちサビとかソロのところで声掠れてて、それが曲と合ってるように感じました。大河で喉酷使した後に歌録りしたりしてるのかもしれないけど、この曲に関しては掠れてるのGJだと思います。(何様…)

 

君がいない世界古内東子さん作詞作曲ということで楽しみにしていたんですが、曲を聴き始めて「剛くんのパート長いな…」なんて聴いてたらサビいくまでずっと剛くんで、「えー!?!?」って驚いた曲です。だって今までこんな歌割無かったよ!?もちろん6人それぞれパートありますが長野くんと岡田さんはサビだけでそれぞれその部分しか歌わないので、1曲なんだけどソロ曲状態。新鮮だし斬新。ライブでやるなら衣装替えの時にやりそうですね。剛くんパート終わって着替えにいって、って。サビのふたりが忙しいですが。岡田さんと長野くんて声が似ている時があるんですが、このサビでははっきりふたりだと分かるので編集するときにちょっとずらしていたりするのかな?ふたりが自分のキーとずらして歌ってるのもなんとなく感じますがタイミングをわざとずらしてそう(キンキのふたりもたまにわざとずらしてることがあるらしいので)。

 

MV

「久しぶりに踊ってるよね」なんて雑誌でもテレビでもメンバーが散々言っていたスカリミMV。『涙のアトが消える頃』もs**t kingz振付で踊っているはずなのですが、あれは踊ったうちに入らないということみたいです。基準がよくわからん…!スカリミの歌詞通り限界なんて無いんですね。すごい。V6のこと、おじさんなのに踊っててすごいと言う人がいますがそうじゃなくて踊り続けてもうすぐ20年というところがすごいんだと思うんですよ。健くんも踊るだけなら誰でもできるけどそれを自分の中に落とし込んでかっこよく見せることが難しいんだと言ってましたが、それをグループで続けて20年!メンバー変更も活動休止も無く毎年CDを出して20年活動を続けているダンスグループって世界でもV6ぐらいらしいんですよー!すごい。岡田さんも踊らなきゃライブやる意味が無い、なーんて言ってましたが、それにしてもスカリミめっちゃ踊ってます。そして年々細かくなる振り付けに上がる精度。群舞が綺麗だとそれだけで引きこまれます。(ダンスshotは初回Bに収録されてます)

f:id:kyxomg:20141226142047j:plain

時には若者のMVのようなカットもあったり。

床に水が張ってあるので足も取られるだろうし衣装も水を吸うから重いだろうに、フルで6回踊ったらしいですね。体力…!

勝手にMVで好きなシーンを発表します。

 

第3位 なんか手つないでるやつ

f:id:kyxomg:20141226142322j:plain

f:id:kyxomg:20141226142332j:plain

なんで手つないで飛んでるのかはよく分からないんですけど、かわいすぎるので第3位。飛ぶまでのメイキングもすごくかわいいんですよー。そちらも是非。

個人で飛んでるところもあるんですが、メイキングで剛くんが飛んだ後にやたら健くんが絡んでいてですね、監督さんが剛くんに話しているのに健くんがそれよりも近い距離で話しかけているので、剛くんに監督さんの声は届いていたのでしょうか…。監督さんが話している時くらい剛くんのこと離してやれ。

 

第2位 なんか蹴ってるとこ

f:id:kyxomg:20141226143125j:plain

f:id:kyxomg:20141226143135j:plain

アイドルの”蹴る”振りがとても好きみたいで。前蹴りでも横蹴りでも好きなんですよね、かっこいい!さらに今回は蹴ってからの中腰になるまでの流れがさらにかっこよくて、おすすめです。MV見てください。ちなみにダンスshotの方でもこのシーンでは健くんが映っていたので監督さんもお気に入り?ありがとうございます。

 

第1位 剛健入れ替わるとこ

f:id:kyxomg:20141226143414j:plain

f:id:kyxomg:20141226143431j:plain

剛くんのパートで始まって、健くんに入れ替わるここのシーンがかっこよくて第1位です。最近、剛健セット増えましたよね。昔からそうだった気もしますが、昔(デビュー当時)は人気のこともあったり大人の事情もあったと思うんですけど、”とりあえず剛健”みたいな。とりあえずビールみたいな、そんな感じで。だからメリハリが無いなぁ、って時期もあったんですけど。その後で大サビが坂本くんになったりラップの無い曲も増えたり、岡田さん推しの時代もあったりなんかして巡り巡って、GUILTYあたりから?剛健セットがまた来てるような。それも昔と違って”必殺技”的な使われ方してきてるな、と。ここぞというときに使う剛健、にぴったりはまる曲が多くなってきたと思うんですよー!だからどう、ってことでもないんですけど(←)グループのバリエーションが増えて嬉しいな、っていう話です。

 

デビュー20周年直前「思い出は自分たちできっちり整理しましょう」スペシャ

V6らしい変な企画きちゃった(褒めてる)。初回Bに収録されている特典映像です。avex本社が移転するとかで、保管されているV6のグッズやらノベルティやらを自分たちで整理しようという企画。グッズを漁ったり思い出に浸ったり色々していたのですが、グダグダ(になることは絶対に分かっていた)なクイズが始まって、映画での役名や最後の台詞やなんのノベルティか、など出題されていて。当然正解なんてしないわけですが。そのときの6人それぞれの動きがおもしろくて、それでこそV6だぜ。

岡田さん:超マイペース。クイズをまるで無視して思い出漁りに没頭。健くんを巻き込みつつ話聞いてないからクイズ分からないどころか問題を失くす。

健くん:基本クイズに参加してる振りだけど、2つのことを同時にできないので岡田さんの思い出漁りに意識取られて、ついでに剛くんを巻き込む。

剛くん:坂本くんがこっち気にしてるの分かってるけど、そっちは見守って弟たちの遊びに付き合ってあげるお兄ちゃん。

井ノ原くん:進行したいけど、カミセンが何やってるのか気になってちらちら見ちゃう。なんなら混ざりたい。

長野くん:V6の良心。

坂本くん:クイズという大きな流れを無視するかのように思い出漁りしてる健くんと岡田さんが気になってドキドキしてる。

 特典映像がV6らしくなんの特典なのかさっぱり分からない仕様で今回も楽しませてもらいました。

 

 

そういえば、紅白の曲順出ましたね!


出場歌手・曲順|第65回NHK紅白歌合戦

前半のトリということで「WAになっておどろう」を歌うようですが、バク転なんだかんだと言われていたのは…?まさかこの曲で…?どんな演出なのか、もうあと数日ですが気になりますね。

伍代夏子さんの「ひとり酒」でバックで踊るようですが。和装で華麗な踊りとは…。

いや、和装なので岡田さんが如水の格好で「伍代さんの道開けましたぞ!」と言う可能性も微レ存…!(あるわけねーよ)