肩凝りが治らない

特にタメになることはなにひとつ

【2017.06.13夜】錆色のアーマ【ネタバレ有り感想】

こんにちは。

世界初逆2.5次元舞台と銘打たれた「錆色のアーマ」を観劇しました。
舞台のチケットを取る際は原作が好きかまたはキャストに刺さる人がいるかの二択なんですが、今回は原作のない逆2.5次元ということでキャスト目当てで行ってきました。
ミュージカル刀剣乱舞でファンになった崎山つばささんですとか他にもテニミュ、刀ミュ、EXILE、声優(とはいえ増田俊樹さんもテニミュ出身です)と、キャストのバリエーションは様々。
舞台スタートでこれから色んなメディアミックスされる作品としてキャスティングも考慮されたんだろうな、と思います。


舞台感想なのでいつものようにさくっとするっとネタバレします。
ご注意ください。


観劇の感想としては3段階くらいあって。

序盤:あれ?ミュージカルだったんだ?

中盤:技名とかあって楽しい!でも結構詰め込んだな・・・?

終盤:王道展開キタコレ!好きだわー!

といった感じだったので、結果好きでした。

物語は織田信長の全盛期?本能寺の変までの時代背景です。登場人物もいたってシンプル。
当然のことながら織田信長本能寺の変があるので明智光秀、そして比叡山の僧侶で過去浅井家で軍師をしていた数珠坊、本願寺一向宗のボス顕如、鉄砲傭兵集団の雑賀衆7名です。
序盤、雑賀衆の7名で信長の城に攻め入るところから始まります。もちろん多勢に無勢なので捕まります。信長と接点を持つところから始まるわけですが、いきなり信長が歌うので驚きました。
まさか歌うと思わなかったー!しかも信長といえば敦盛じゃないですか。でもわたしの中での敦盛は敦盛2011(※戦国鍋)なんですよ。下天のうちをくらぶれば?とか戦国鍋の方が出てきてしまってしばらく自分と葛藤していました。
最近の増田くんはすっかり声優で、アイドルアプリには必ずいるような、アイドル作品でお世話になっているのでキャラソンとかアイドル寄りのイメージだったんですけど、信長すごかった。あの信長は強い。
歌はうまいし発声はしっかりしているし、元々がテニミュ出身なこともあるのか舞台に居ても違和感ないし、どっしりしていたので錆色のアーマの柱はこの人だなと思った(その後、顕如も存在感すごかった)。

雑賀衆のお頭である孫一は過去のある出来事から信長に恨みがあって、信長の懐に入ることで復讐を果たすことを目論見ます。
結構詰め込んだなぁと思ったのがこの辺です。これから各メディア展開される作品なので、この舞台がきっかけになるんですよね。なので、伏線が多いんです。それも物語そのものではなく、各キャラクターの伏線。
雑賀衆は寄せ集めの集団なので、雑賀衆となるまでの7人それぞれの人生、過去がこの作品では細かく描かれないんですね。その代わりに過去を思わせるような台詞が端々に入ってます。これがきっとアニメ化された折に展開されていくんだと思うんです。
そういうわけなので中盤の詰め込み感はこれからを思うと仕方ない、というか最終的にはひとりひとりの背景が気になるのでおっけーです。
舞台を観た人がアニメ化されるなら見ようと思える取っ掛かりになってるんじゃないかと感じました。

雑賀衆の印象>
 それぞれイメージカラーで分けられている7人で、武器はアーマと呼ばれる基本銃なんですが、フォルムや用途など同じものがなく、この集団をひとことで表すとしたら「スーパー戦隊」です。
 役割の違う7人が同じチームで喧嘩したり団結したりして敵と戦う姿が日曜朝によく見るスーパー戦隊です。特撮ヒーローです。つまりめっちゃ好みなコンセプトです。
 技がこれまたアニメで映えそうなものばかりなんですが、「鳳凰落とし」とか「麒麟殺し」とか「青龍穿ち」とか語感が不●センパイ・・・!トリプルカウンターかな!とわくわくしてしまいました。
 それぞれに必殺技(しかも二段仕込みだったりする)があるので、アクションが派手で楽しかったです。

 ☆孫一
  雑賀衆の頭領。キャストがEXILEの方なのでキビキビ踊ります。踊ってる時が楽しそうで、頭領だけど無邪気で主人公が似合う主人公でした。
  主人公なので歌う場面も多いんですけど、ラップが得意そうでした。あと後半の方が声が良かった気がして、叫んだりするのに喉が強いんだなぁと思って観てました。
  頭領だけど、みんなを自分の復讐に巻き込んでいいのか悩んで迷って決断するっていう王道展開がうまくきまっててよかったです。

 ☆鶴首
  雑賀衆でも古株な感じ。大人でクールに見えて実は熱い。孫一のことを信頼していて、雑賀衆バラバラになりそうな時でもみんなをまとめられるお兄さん。
  でもたまに無茶するので孫一に心配されてたり、っていう兄弟みたいな感じです。鶴さんのアーマがかっこいいんですよねー!ぐるぐる回して乱射かと思いきや一度狙ったら貫くまで追いかけるっていう仕込みかっこいいです。  

 ☆蛍火
  末っ子気質で甘えん坊に見えて孫一を頭領としてつなぎとめてくれたのは彼だと思っています。意外と常識人というか意外とツッコミ役。
  かわいいし、すごく動きもいいキャラなんですが、こういう子はめちゃくちゃ重い過去背負ったりしてるんですよね。

 ☆黒氷
  守銭奴。なのでめちゃくちゃリアリスト。希望的観測とか言わないので喧嘩の火種になることも多いキャラでしたが、里を守ることが孫一が帰る場所を守ることだとして、孫一が処刑されたという光秀の言葉に惑わされず真っ先に行動する実はいい奴。
  体半分からくり仕掛けの理由は分からないですが(たぶんアニメとかで明かされる)、真っ黒でめちゃくちゃ好きなビジュアル!かっこいいー!
  アーマはガトリングで、ケチなキャラなのに弾一番消費する武器なのおもしろいですよね。

 ☆木偶
  ビジュアルが・・・パッと見ワンピースの空島の人・・・にしか見えなかったです。かっこいいです。
  頭で難しいこと考えるより先に自分のアーマで風穴開けたほうがよくね?みたいな見たとおりの大胆さでした。
  奥さんがいて最後には子供が生まれたと言っていたので雑賀衆リア充は彼だけ・・・?

 ☆アゲハ
  女性に近いビジュアルは死んだ双子の姉さんの魂が半分乗っかっているから?とのことでした。
  きっと中途半端に混ざっているのか美人なのに中身新宿二丁目ゲイバーのママみたいな状態でした。
  アーマを使いすぎると姉さんの方が強くなっていって自分が消えていくとのことで、なんでそうなっちゃったのかも気になるしこれからどうなっていくのかも気になるし、過去も未来も気になるキャラです。  

 ☆不如帰
  孫一のストッパー的役割?鶴さんより優しくないというかいい性格してるというか言いたいことははっきり言うし嫌味も言う。鶴さんと黒氷の中間みたいな性格ですかね。
  彼も復讐心がありそうで(よく覚えてないんですが)比叡山となにかしらある感じ。本能寺に向かう前に比叡山に寄ると言って別れた後何してたのか気になります。
  アーマの影響で(?)普段は「僕」な一人称が「俺」になったり、二面性があるキャラ大好きなのでこれからの掘り下げ期待してます。

 それぞれアニメになったら誰が声優やるんでしょうか。とても気になります。


信長一行となった雑賀衆比叡山の数珠坊(中ボス)と戦います。もうこの時点で裏にいるラスボスは一向宗顕如であることは分かっています。
この顕如の力がすごくて、人間を強化できるし、斬首された人の首つなげて復活させちゃうし、全身金ボディで妖しさ100点満点だしで輝馬すごかった。
不気味だしデカイから男性なの分かるんだけど性別感じさせないメイク+女性のキーで歌ったり。何を参考に役作りしたらああなるんだろうっていう、悪役感!
ラスボスはたいてい自分が出てくるまでに人を使うので、光秀を操り、本能寺の変をけしかけます。
光秀の光と影のような分身の演出よかったなー。表と裏の光秀が入れ替わってしまったときの両方の光秀の演技がよかった。

孫一は自分が住んでいた村を家族を焼いた織田信長を恨んでいるため信長に復讐したい

孫一の姉さんと信長は恋仲だったっぽい

その関係を知っていた顕如が村を襲撃

信長も復讐相手である顕如を探していた

もう流れが王道!大好き、こういうの。敵だと思っていた相手が実は自分のこと守ってくれてる存在で、最後は力を合わせてラスボス倒すんだけど信長は史実通り本能寺で最期を遂げるっていう。
本能寺の奥にたどり着くまでにバラバラになってしまったと思っていた雑賀衆のみんなが手助けしてくれて「ここは任せろ!お前は奥へ行け!」みたいな展開ね。大好きなやつですよ。

結局は顕如を倒すわけなのですが、超能力者なのか霊能力者なのか400年身体を変えて精神を入れ替えて生き続けているようで、顕如様は色々化け物です。(見た目もすごいし)
信長と孫一が挟み撃ちで攻撃しても次の一手が読めるので、避けちゃうんですよね。当たらない。致命傷を負わせられない。
どうするのかと思って見ていたら、孫一が撃った弾を信長が刀で打ち返すっていう、ジャンプ漫画の王道みたいなシーンが待っていました。大好きです、そういうの。
ふたりで力を合わせて顕如様を倒し、ハッピーエンドかと思いきや信長はちゃんと死にます。本能寺で。顕如様の攻撃が致命傷となって死んでしまうのですが、死ぬ間際に歌うんですね・・・!
信長さん、台詞より歌の方が多いかもと思うくらい歌ってました。歌で戦えそうなくらい強かった(何回でも言う)

初の逆2.5次元ということで楽しみどころはたくさんありました!
舞台やってアニメやってコミカライズなんかでも展開してまた舞台になってほしいです。

・必殺技
・派手なアクション
・王道ヒーロー

この辺りがワクワクしちゃう人は好きな作品だと思います!

わたしが一番好きなシーンは、マニアックなんですが数珠坊の首を斬る時の信長の体勢と力のかけ方です。
ぜひご注目ください。