読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩凝りが治らない

特にタメになることはなにひとつ

2014.09.21夜 テニミュ全国立海(日替わり)レポ

舞台

こんにちは。

 

わたしのテニミュ2ndラストが終わってしまいました。寂しいなぁ。初演から観たのが七代目からなので成長を見守ってきた感じです。感慨深いです。でも公演自体は28日まであるので最後までクオリティはエクセレントで走り抜けてください。応援してます。そして行ければドリライまで見届けたいです!

今回の公演は友人にとってもらったチケットだったんですがアリーナ2列目の下手通路側という超神席で観劇しました。なにが神席かっていうと通路側でキャストが降りてくるのはもちろんなんですが、わたし各校で好きなキャラが青学は海堂、立海は柳生、四天は財前なんですね。アンコール曲で下手側にその3人まとまってるんですよ。ロックオンでした。もう首とか動かさず一直線前だけ見てました。

 

21日の夜公演が越前南次郎役の森山栄治さんの千秋楽だったようで前アナが栄治さんでした。「携帯の着信音が鳴ったらなぁ、桃ちゃんになっちゃうぞ。もしくは伊武になっちゃうぞ。・・・すんまそん」って、栄治さんならではのネタを。(栄治さんはテニミュ初代桃城役でアニメでは伊武の声を担当)

栄治さんの千秋楽がこの回で、小越くんの公演数500回記念もこの回だということは当日知りました。チケットを取った友人も知りませんでした。まったくの偶然でスペシャルな回がわたしのラストテニミュになりました。

 

 指ぽーん!

二幕頭の四天の日替わり。今回は金ちゃん・財前・白石でした。財前が下手から登場したときは息が止まるかと思いました(なんたって財前クラスタなもので)。しかもステージに上がる階段横にしばらく立ち止まってて(つまりわたしの正面)、こんな近くで見られる機会もそう無いし・・・ありがたくガン見しました。

金ちゃんと財前は白石に言われてたこ焼きを売りにきた設定。

財前「部長に売れ言われて売りに来たけど、いっぺんに売れる売り方とか無いやろか」

遠山「せやなぁ」

財前「最近なんかはまってることとかある?」←えらい唐突でした

遠山「マジック!」

財前「マジックぅ?」

遠山「ここに親指あるやろ?」

財前「ああ、あるな」

遠山「これを、”指ぽーん!”どや?」←指を引っ張って抜く動作をして実際は手のひら側に親指隠すっていうアレ

財前「は?いや、見えへんし」

遠山「指ぽーん!どや?見えたか?」

財前「わーほんま、すごい、かっこいい」←おそろしいほどの棒読み

遠山「指ぽーん!」

財前「すごいすごい。あと100回やって」

遠山「ひゃ、100回?」

言われた金ちゃんは指ぽーん!を孤独にやり続けてて財前は「かっこええでー」とか棒読み発言しながら下手にはけていって、代わりに上手から白石登場。

白石「金ちゃん、売れたか?って、なにしとるんや」

遠山「マジックや。指ぽーん!」

白石「金ちゃん・・・指、大丈夫か!?」

遠山「大丈夫やで。マジックやから」

白石「なんやマジックかぁ、はよ言うてや」

遠山「最初にマジックやで言うたやん」

何回か「指ぽーん!」「大丈夫か?」を繰り返すふたり。そうこうしてるうちに再び下手から財前登場。とりあえずふたりを見守ってみる。

白石「金ちゃん、次は顔や。笑顔でやってみぃ」

遠山「分かった。・・・指ぽーん!」←顔をつくってやってみる

白石「金ちゃん・・・指大丈夫か?」

遠山「顔見ろや!」

財前「白石部長、なにしてるんすか」

白石「(財前を無視して)金ちゃんもう1回や」

財前「白石部長。・・・これ聞こえてるやろ。部長、」

白石「(またも財前を無視して金ちゃんに絡んでる)」

財前「白石部長、砂食わしますよ」

白石「どうしたん財前」←めっちゃ反応早かった

財前の方に歩いて来て指ぽーんやってみ?5回やってみ?って絡んで、1回やるごとに白石の顔窺いながら財前も探り探りって感じで指ぽーんやってました。

この後、イリュージョン中にいなくなった白石がどこにいっていたのかの日替わりネタが

ユウジ「そういえばさっき試合中に白石どこ行ってたんやろな」

謙也「練習に行くって言ってたで。指ぽーん!」

ユウジ「真面目か」

というものでした。

 

胴上げ

日替わりなんだよな?と思ったのは17日も今回も胴上げされていたのが海堂と菊丸だったからです。わたしの引きがいいのか凱旋公演2回中2回とも海堂の胴上げが見られるなんて!

また桃ちゃんとリョーマで追い込み漁してました。なんたるかわいさ。ステージに出てきた海堂をふたりで指差して今回はふたり同時に左右を塞いでさらにその隙から逃げようとした海堂の正面に乾が立ってて、乾に胸をトンとやられてステージ中央に戻ったところを手塚に抱き上げられてました(多和田くんの細腕のどこにそんな力が!)。胴上げ終わってごろんと仰向けに転がされた後、起き上がろうとしたら両手を桃ちゃんに掴まれてまた床に押し戻されて起きようとして押し戻されて、って2回ほど繰り返してました。2年かわいすぎか。

菊丸は今回もステージ中央にひとりで出て来て次は俺俺!って自分のこと指差して持ち上げられて胴上げ、の流れでした。

 

次期部長ズ日替わり

桃ちゃんのラケット持ちたい人!でお客さんにラケット手渡し、素振りさせてみる。「憧れのセンパイは?」と聞き、桃センパイという答えを引き出せて嬉しそうでした。それだけで充分だ、みたいなこと言ってました。

海堂「おい、水野。なんだその髪は」

水野「その・・・」

海堂「変わることも大事だが、初心も忘れるなよ。グラウンド10周!」

桃城「お前こそバンダナおしゃれにしてんじゃん」

海堂「俺はいいんだよ!」

桃城「改めて言うけどよ海堂、最後の1年よろしくな」

海堂「まぁ、精進してくれたまえよ」

桃城「お前、部長になるからってなぁ偉そうじゃねぇか!」

海堂「やんのか、コラ」

桃城「あ、猫!」←後ろを指差し

海堂「猫!?どこだ、」←きょろきょろ猫を探す

桃城「ワン!」←四つん這いになって

海堂「犬じゃねぇか!」

ここで他校の部長ズ登場。四つん這いの桃ちゃんとその傍らに立ってる海堂というシュールな画に一瞬皆の時が止まって間が生まれてました(笑)お前らなにやってんの、的な。

伊武「プルルルルル。あ、電源切っとくの忘れた。はい、もしもし・・・。なんか知らないおじさんに電源切っとかないとダメだろって言われた。・・・すんまそん」←栄治さんの前アナを受けてのネタですよね!

桃城「そういえば、俺の憧れの人だったわ」←これはその場のアドリブで言ったんだと思います

 

祝500回

栄治さんが今回の公演で千秋楽だということで小越くんからのフリでひとこと挨拶することに。「テニミュってやっぱりいいなぁ」とのことでした。挨拶はほんとにひとことで短かったんですが、このひとことにどれだけ込められているのかと思うとジーンときました。栄治さんお疲れ様でした。リョーマ思いの素敵なお父さんでした。

そんな栄治さんから今度は「息子役の勇輝が500回記念を迎えました」とのフリで(予定していなかったらしい)小越くんからもひとことコメント。それが終わってまた全員で挨拶を、となるはずが。多和田くんが一慶くん、矢田くん、稲垣くんに前に出ろと手で合図して

多和田「勇輝!祝わせてや」

せーの、でジャージのファスナーを開ける4人。胸に祝500の文字が(大石:祝/手塚:5/不二:0/乾:0)。他のキャストも知らなかったみたいで両端にいる人たちは一歩前に出て4人の胸の祝500の貼り紙を見てました。普通の紙に字を書いたもののようではがれないかカーテンコール出てきたときから心配でおさえてたって言ってました。正面だけだと見切れ席の人とかが見えないから左右にも見せてあげて、と栄治さんが言っていて、優しいなぁ栄治さん。

 

この後のアンコール曲で一慶くんだけまだ「祝(この字だけ赤字。数字組は黒で書いてた)」を胸に貼り付けたままで出てきたときに多和田くんが笑い、木村くんがちらちら後ろを見つつ踊りながら最終的に爆笑してひざから崩れるくらいおもしろかったです。その状態でいつもと変わらない笑顔で踊ってるからそれがさらにおかしくて本編で泣いた感動の涙分くらい笑って涙が出ました。

 

各校のコールで立海に事件が起きたことは残しておかないといけないですね。代表してコールしたのが真田だったんですが、K・O・T・E・I(皇帝)コールの後にそれは起こりました(真田自身の合いの手もなんだかおもしろかったのですが)。中央で幸村と真田がお互いの肩を掴んで向かい合い、「もう(イエス)迷いは(フォーリン)無い(ラブ)」ってやったんです!※()内は動作です

 イエスフォーリンラブの様相で「もう迷いは無い」って。負けてどうかしちゃったんですか幸村部長!?会場もどよめきましたよ。びっくりしましたもん。でもとてもかわいかったです。中学生ですもんね、幸村と真田だって。

S1の試合終わった後、天を仰ぐ幸村と同じように真田も天を仰いでいて、幸村が真田にラケット渡す時にちらっと見えた瞳が潤んでいて、本当は泣きたいけど他の部員もいるし堪えてるのかなと思うと余計に泣けました。実際、役とはいえ毎公演それぞれ試合をしているので負ける人はずーっと毎公演負け続けてるってことですもんね。お芝居とはいえ悔しいだろうし勝ちたいだろうなっていうところが見えるキャストの一生懸命さがテニミュの魅力でもあります。

 

最後幕が下りる前に多和田くんが小越くんをお姫様抱っこして、章平くんが栄治さんを肩車していたんですがそれを見ていた財前が謙也さんにアレと指差してなにか理解したらしい謙也さんが財前をお姫様抱っこしようと抱き上げようとしたところ財前に避けられその後うしろから無理矢理肩車しようとして倒れたところで幕が下りました。なんでしょう、アンコール曲でもキャラを貫くこのふたりすごいですよね。Twitterのふたりのやりとりも謙也さんと財前のままなんですよね。キャラ貫いてるというよりそのものなんですよね。テニミュってすごい。2.5次元ミュージカルって尊い。

 

今回、桃ちゃんの自転車空気入れのネタもはじめて見たやつでした。客席から拍手すごかったので(1曲歌い終えたくらいの)、初めてやったネタだったのかな。