読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩凝りが治らない

特にタメになることはなにひとつ

【2015.10.18 新潟】V6 LIVE TOUR 2015 -SINCE 1995~FOREVER- 【MCレポ&感想】

こんにちは。

 

20周年のツアー、最初で最後の公演行って参りました。横浜・新潟・代々木と賭けて1公演取れたので全力で楽しもうと思いライブ翌日はまったり観光などしてきまして先ほど自宅に帰ってきました。

いつものように(?)レポをぽつぽつと打っていきますが、公演中メモを取っているわけではないのでニュアンスで感じていただければと思います。

※極力、曲名のネタバレはしないように気を付けますが分かっちゃうところもあるかもしれません。名古屋・代々木を楽しみにしている方は気を付けてください。

 

▽カミセンMC

トニセンは着替えがあるためいったんはけるときに井ノ原くんが「アルバムの話しといてね」と振ったのにも関わらず台本通りにいかないのがカミセンです。

岡「愉快なおじさんたち」

剛「(ちょっと間を開けてから)トニセンね」

トニセンがはけたタイミングで岡田さんが言ったので、どちらのことを言ってるのかわからないと。

剛「俺たちが愉快なおじさんたちだと思われるから」

岡「俺たちも愉快なおじさんたちだよ!」

剛健はあまり納得いかない様子でちょっと間があきました。健くんはふたりのやりとりを見守ってる感じだったかな。

剛「岡田さ、俺に絡むのやめてくれない?」

健「あー、あの時ね。俺も言おう言おうと思ってたんだけど」

ある曲で剛くんが歌い始める前に岡田さんがテンション上がって近づいて行って剛くんの肩を無理矢理組んでみようとしたりその後健くんを巻き込もうとしたり、剛くんのベルトのあたりをつかんで持ち上げようとしてみたり。剛くんは抵抗して持ち上げられないようにしてました。ちょっと笑っちゃって歌えてない部分もあったりして。見てるこっちとしてはかわいいなぁ、と思ってみてましたけど力はだいぶ強そうでした(いつものこと)

剛「○○○○○○○○(←曲名)の時さぁ」

岡「うそでしょ?喜んでくれてるんじゃないの?」

剛「最初はね」

岡「剛くんも、こう来てくれてたじゃん」

剛「最初はね、カミセンて感じで懐かしかったけど」

健「分かる。強いんだよね」

剛「なんなの?」

岡「スキンシップだよ」

剛「持ち上げようとするし」

健「ボンタン狩り?流行らせようとしてるのか知らないけどさー、やめろよ」

剛「恥ずかしいんだよね」

岡「スキンシップだよ持ち上げさせろよ」

剛「よそでやれよ」

健「おじゃんぷちゃん持ち上げてろよ!」

岡「おじゃんぷちゃんは俺持ち上げたから!2人(同時に)持ち上げたから!」

と言いながらジリジリふたりに近寄っていってました。今?今持ち上げようとしてるの?というくらいぐいぐいいってた。

剛「それが岡田の20年分の愛なんだな」

それでもまだぐいぐいくる岡田さん。健くんにずんずん近寄っていくので

健「お前イイ体してんな」

岡田さんを止める過程で腕とか肩とか触りながら押し返そうとするもぐいぐいまだ近寄る岡田さん

健「下がって、下がって(押し返しながら)」

剛「今の対応、おすぎさんと同じだった(笑)」

岡「おすぎさん?俺がおすぎさんてこと?」

剛「そうそう」

健「おすぎちゃん?」

岡「おすぎちゃんてなんだよ」

健「おかだちゃん?」

岡「そう呼ぶ人出てくるからやめて(笑)」

デコパを根に持ってます?

健「おかだちゃん?トニセンちゃん?」

剛「なんでもちゃん付ければいいと思ってんだろ」

岡「あー、アルバムの話してないじゃん。話しろって言われたのに」

やっと!気が付いたよ!

 岡「会場で買うと最初に歌った曲の」

健「Wait for Youね」

岡「ピアノバージョンがもらえるみたいなんで」

通常盤だけ買っていなかったので会場で購入しました。通常にもシークレットあるんですよねー!

そしてトニの準備が整ったということで、バトンタッチするときにコール&レスポンス。

健「みんないけるー?」

会場「イェーイ!」

岡「腹から声出せや!」

健「みんないけるー?」

会場「イェーイ!」

岡「全然足りへんなぁ。腹から声出せや!」

というやりとりが何回かあってですね、剛健も岡田の変なスイッチ入れちゃった?とか呟きながら何回か繰り返していった後で、

健「みんないけるー!?

健くんの声も大きくなるという。もしかして腹から声出した?(笑)

 

▽トニセン曲

たぶん最初は岡田さんと長野くんもハグだったんですよ。そこから力任せに押し倒して、その後が井ノ原くんと剛くんが映ってここもハグしていたと思います。その後で坂本くんと健くんが映ったら健くんが力のかぎりに坂本くんの腰をホールドしてまして。スーパーとかでお父さんの腰にしがみついてる子供があんな感じだったな、というそういう状態。イントロ終わってもまだちょっとしがみついてたと思います。それで坂本くんが「健、もう行きなさい」って(「健、もう行きなさい」が正しいです)。困った感じに笑ってて、優しいなぁって。許しちゃうのが優しいなぁって。かわいかったです。

 

▽点呼

毎回年代別の点呼を取っているらしいですね。

まず40代から。

井「全然若いよね!かわいい!じゃりん子チエみたい!」

次に30代。

井「湿っぽい!」

ざわつく会場とメンバー。

井「さすが、白米食べてる感じする!」

白米?

健「潤ってるってこと?」

そういうことだったみたいです。

そして20代。(わたしはギリギリここです)

井「粘膜がすごい」

いよいよ誰にも分らない(笑)粘膜って?

井「喉の粘膜がすごい」

喉が強いってこと?って誰かが言ってました

その後が50代。

井「少女かと思っちゃった」

健「少女?(笑)」

井「声が少女に戻っちゃうのかなー」

60代。

井「渋い!竹が似合う!」

70代。

健「俺たちに仕えてるみたい」

仕えてるが聞き取れなくて、疲れてるだと思ったメンバーとファンでちょっとざわざわ。「はい!」という返事の歯切れがよかったので自分たちの従者かな?と思ったらしいです。

80代。いました!

井「すごい!はっきり聞こえましたよ!」

さすがにいないと思うけど90代。ということで、いませんでした。

井「耳では聞こえなかったけど、胸にきたぜ。聞こえたぜ」

10代いっぱいいました!

井「ほんとに?」

 「俺たちでいいの?」

長「ここまで来て違うんだ?」

井「色々手続き踏んだ上で気づいてなかったらすごいよね(笑)」

 「俺たちおじさんだよ?大丈夫?」

健「JUMPと間違えてない?」

井「来てみたら違ったとかない?」

健「『あれ?人数足りなくない?』」

井「まだ気づいてねーのかよ!遅いよ!」

おじゃんぷちゃんとかJUMPとか話に出してくれたのがどちらも健くんで。夏にかけて交流があったから近い存在の後輩になってくれたのかなーと思うと嬉しいです。

ていうか、おじゃんぷちゃんて!ファンか!

その後で子供たち。

元気のよい返事がもらえて井ノ原くんは満足そう。

井「俺たちもう心が汚れちゃってるからなぁ」

とか言ってました。

どっちか分からない人。男の人を聞いた後でかな?長野くんが「どっちか分からない人も聞いてみる?ということで聞いてみたところ何名かいて、

井「高い声ではぁい、って聞こえてきたよ。大丈夫、透き通ってる!」

 

▽なつかしいやつ

MC始まるタイミングだったと思うんですけど、汗かいてるー?とかいつものお決まりのやつやった後に

井「みんなのことがスキダカラ」

昔長野くんがよくやってたんですけど。韓流スターのCMのあれです。あれをいきなり井ノ原くんがやり始めて、

剛「今?」

健「なんで今なんだよ」

井「なんかキたんだよね」

岡「一周まわっても無いから」

って散々言われてました(笑)

 

▽新潟あれこれ

MCコーナーになりますので座ってくださーい、の号令の後みんな着席。

井「みんな礼儀正しいね。静かに音もなく座るんだね」

MCのタイミングだったか井ノ原くんが「新潟すごくいいよ!半端(↑)じゃない(↑)」と変なイントネーションで言ってたのと「この1回に賭ける!って思いが半端じゃない」と言ってました。地方公演は特に今回はこの1公演だけ!という方多そうですよね。

井「剛くん、そんなに汗かいてどうしたの!」

剛「わかんない」

井「新潟だから?」

剛「新潟だからかなぁ、なんか新潟すごくいいよね!(スイッチ入ったのかテンション上がる剛くん)」

 「新潟ついたときから警備の人もすごく優しかったし。あんな優しいのなかなかないからね!」

健「『おつかれさまでした』」(的なことを警備の人の真似なのかいい笑顔で言ってました)

剛「会場ついたら垂れ幕あるし、ケータリングも色々あって」

健「新潟いいよねー。前ノリすればよかったな」

井「俺さ、今日ちょっと早く来たんだけど」

剛「あー、だからいなかったのか」

いつもの剛くんのあまり興味無さそうなトーン(笑)

健「騒々しい奴がいないと思ったんだよね」

長「なんで早く来たの?」

坂「なんか用事?」

井「引かない?大好きな熱帯魚の展示会やってたの」

ここから井ノ原くんの新潟ひとり旅スライドショーでした。

まず新幹線の写真から

井「自分で新幹線とってマネージャーさんもいないからほんとにひとりだったの。朝も早いから新幹線誰もいなくて、」

撮った写真が自撮りで、というかほとんどの写真が自撮りで全部同じ顔。目開いてびっくりした顔なんだけど口は尖っちゃってるっていう。案の定なんだよこの顔!ってつっこまれてました。そのたびに「誰もいないからさぁ、びっくりしちゃって」って返してました。

坂「井ノ原、目ぱっちりだね」

健「二重ぱっちりじゃん」

井「整形してないですよー」

と言いつつ、

井「高須先生ありがとう!YES!高須クリニック!」

って言ってました。ダメ出しされてました。

井「新潟はラーメンもおいしいんだよね」

長「燕三条ね、有名ですよ」

さすが長野くん…!

井ノ原くんの自撮り写真が続く中、長野くんの「顔のバリエーションはあんまり無いんだね」がブラックでよかったです。ブラックじゃないんだろうけど、長野くんが言うからブラックに聞こえちゃうんですよね。

巻駅のイントネーションが違ったみたいで「まき↑?まき↓?」って何回か井ノ原くんが会場とやりとりしてました。ランチは新潟のご当地グルメのイタリアンを食べたみたいですが「この店はね、ナポリって書いてあった」だそうです。

そして会場についたら楽屋にメンバーがもう来てたと。楽屋の入り口からの写真があって、メンバーそれぞれの写真。自撮りの井ノ原くんと同じ顔してみんな写ってた!

長「移っちゃうのかなぁ?」

なんてわざとらしく言ってて最後の剛くんはマスクをしていて口元が見えず(笑)

健「でもちょっと尖ってる感じしない?」

剛「なんかいきなり撮られてさー」

マスクの中でどんな口元だったのか真相は分かりません。

健「なんで言ってくれなかったの?(早く来たことを)」

井「だって熱帯魚とか興味無いじゃん」

健「そんくらいだったら付き合ってやってもよかった

「上から目線だな!」って5人が楽しそうでした(笑)

 

▽はえぬき

健「”がた”違いだけど、山形だけど長野くんCMやってるよね」

長「はえぬきのCMやってますよ。魚沼産もおいしいけど…ごめん、俺はえぬき派だわ」

健くんて結構MCで長野くんの仕事の話振ること多いイメージあります。

 

▽長野くんの誕生日

長野くんの誕生日には岡田さんからメールが来たと。

岡「長野くんからすごく嬉しそうな返事が来た」

井「どんな?」

岡「『岡田の愛に泣ける』って」

長「『長野くんは素敵だよ』って。しかも0:10とかにきたの」

井「日付変わって割とすぐだ?待ってたの?」

岡「そう」

健くんは誕生日を忘れていてメールを送り損ねたと。

健「遅れると誕生日忘れてた感出ちゃうじゃん?」

井「その日の夜とかだったらまだセーフとかないの?」

健「思い出したのが10日の夜とかだったの」

井「だいぶ遅ぇーな」

 「剛は長野くんにメール送った?」

剛「送ったっけ?」

長「来たっけ?」

(このふたりのやりとりすごくかわいかった…!)

剛「井ノ原くんさぁ、意地悪だよね。俺が送るわけないじゃん!」

井「剛は誰かに送ったことあるの?」

剛「あったっけ?(とりあえず健くんに聞く)」

健「昔はあったんじゃない?」

岡「最近はないよね」

誰かが祝ってるついでに思い出して、とかそういう流れでならあるっていう話をしてました。

剛「長野くんはこの前、番組の収録でも祝ったしね」

健「え、いつ?」

剛「え?」

健「俺いた?」

剛「いなかったっけ?」

井「あー、坂本くんと健が先に帰った日」

健「なんの番組?」

剛「クマグス

井「いつの話だよ!」

みんな笑ってました。会場もメンバーも爆笑。

剛「今、6人でやってるのなんだっけ?」

アメージパングだよ!って教えられてました。ほんと剛くん天才だなぁ(笑)

アメジパでもネクジェネでもケーキ出してもらって祝ってもらったと言ってました。

 

▽43歳

長野くんが43歳になったということで。全然若いよね、という話に。

井「だって同い年の奴見たらホテルの支配人みたいな、貫禄ついちゃって。そういう感じだもんね」

頭皮薄い人もいたりするし、という話にもなり

井「長野くんも大丈夫だよ。もしズレたりしてもこう、さりげなく戻して」

坂「全然さりげなくないだろ。慌てちゃってんじゃん」

長「信じちゃう人いるから」

おきまりのヅラネタ。おじぎしてズレてもまた被りなおせばいいみたいなアクションでした。全然さりげなくはない。

岡「長野くん43歳かぁ。いいよね43歳。俺、43歳になりたくて」

岡田さんのトークはいつも唐突。なんで43歳になりたいの?と聞かれて

岡「ちゃんと仕事してる感じするじゃん(年齢的に)」

井「木村くんと中居くんと同い年だよね」

長「そうそう同級生」

岡「すごいよね。ほんとは長野マンとか言っちゃいけないんだよ」

言ってるのたぶん今のところ岡田さんだけだと思う。

健「木村くんと中居くん同い年なんだ?」

長「そうだよ。あと干支でいうとTOKIOの山口くんも一緒」

健「その中だとさ、(長野くんが)一番肌ツヤいいよね

メンバーも会場も一瞬時が止まったよね!井ノ原くんとかひやひやしてました。

44歳の人もいるよ、という話を振ったのにしゃべらない坂本くん。スクリーンに抜かれてたんですけど、真顔で(笑)それが笑えました。

岡「20歳くらいの時は36歳にあこがれてたのね」

仕事バリバリしてる感じがして36歳になりたかったと。

そこから確か話はちょっと飛んで。なにきっかけか忘れたんですけど、

井「健はいつになったら『健も老けたなぁ』って感じになるの?10年前より若い感じするじゃん」

健「わかんないよ、突然来るかもしれないし」

岡「かわいいよ!かわいいよ!」

かわいいをいつ言うかタイミング見てたっぽい岡田さん。そして岡田さんの「かわいい」発言はBGMかのようにスルーされます。

健「40はもうすぐだからなぁ」

井「今いくつだっけ?」

健「36だよ」

井「健36歳だって(岡田さんに)」

健「お前、俺みたいになりたいの?」

岡「いや…」

その後黙っちゃって、なぜか照れた顔してたんですけど(口元に手持ってってたし)、なんで照れたのか分かりません!岡田さんのツボはよく分からない!

井「健が36歳ってことは剛も36歳でしょ」

剛「そうだね」

坂「そうかぁ、剛もそんな歳かぁ(しみじみ)」

井「まぁた、俺たち年齢の話しちゃってるよ。年齢の話と健康の話はいくらでもできる」

健「好きなんだよね」

井「気づいたら6人とも青汁飲んでたもんね。ペットボトルが緑なんだもん」

 「どこの青汁飲んでるか言ってく?

アイドルのMCの振り幅すごい。

ちなみにわたしは緑効青汁飲んでます(おばあちゃんが飲んでるから便乗してる)

 

▽おしとやか

MC中にトイレに行ってた人が戻ってきたのが見えたみたいで

健「いいよね、トイレから戻ってきてこう屈んで席に座って今までの話全然聞いてなかったのに聞いてた風で笑ってるところがおしとやかな感じして」

井「今トイレから戻ってきたから話分かるはずないのにね」

話聞いてたよ、っていう自然な感じを出してくれるのが優しくていいよねというニュアンスで話してました。

井「カレー食べたのよ。おいしかったよねー」

健「おいしかったね」

井「友達?」

カレーの話をしてたらお店で食べたのかと思った子が座席から「どこのー?」と聞いたようで、井ノ原くんが友達みたいだったねって。ケータリングのカレーって答えた後に、

健「生意気だなぁ」

井「どこのー?って聞いてきたからね」

健「生意気だよ」

生意気っていうワードセンスが面白くてみんなクスクスしてました。

 

▽体操

次の曲に行きますよ、みんな立ってー!となり、

井「悪いけど、まだまだ始まったばかりだからね!?」

なぜか逆ギレ気味(笑)

で、体操をしましょうと。肩甲骨まわしたり上に伸びてみたり

健「ラジオ体操するといいらしいよ」

坂「俺、あさイチ終わった後の体操いつもやってるよ」

井「うそ!?俺もスタジオでやってるよ」

坂「俺、家でやってる」

健「腹立つなぁ」

坂「こうやって(ちょっと実践)」

健「すげぇ綺麗にやってるんだろうなぁ、腹立つ(笑)」

 

▽剛くんのごまかし方

MCの最初の方だったかもしれないです。どこで話してたかあいまいです。

新潟はアリーナしかないから外周歩いてて間違えて外側(いつもだったらスタンド席)に手振るのとか気を付けようね、って冒頭に話してたんですね。

坂「そういえばさっき剛が外側向いてて。みんなで内側向いて踊る振り付けだったじゃない?で、俺がこっち見たら剛が外側向いてて『どうしちゃったの?』って思った(笑)」

剛「またさぁ、俺がうまいんだよ(戻り方が)。この振りの時にこう戻ったの」

文字だけじゃ表現できないのが悔しいところ…!剛は戻り方うまいよね、という話に。

健「剛はごまかし方天才だよね」

井「またそういうときのね、ファンのみんなが優しいんだよね」

剛「『間違えちゃったの?』『練習が足りてないんじゃないの?』」

井「優しいなぁ。いいなぁ、優しく叱られたいな」

 

▽此処から

これだけネタバレごめんなさい。(でも6人で作った曲だしマストでやるってみんな思ってますよね?)

井「自分たちのことを素直に書きすぎて歌いながらジーンとしちゃうんだけど、ジーンときてる僕たちを見てみんなもジーンとしてください」

というようなことを言ってました。曲だけでもジーンとくるっていうのに。

 

▽プロペラ

アンコールでのできごと。

剛くんを頭に乗せて回る役を毎回指名制で決めてるんですか?剛くんの周りを5人がぐるぐる回ってて、剛くんが健くんを指名して、ついに?まじで?とメンバーが言っていたのでこのツアー初めてだったんですかねもしかして。健くんは剛くんを乗せようと何度かトライしたんですが、結果無理で。何回かいくその度に剛くんのお腹に頭つけて腰掴んで、持ち上げようとする→できない、を繰り返してました。

それをやっているうちに間奏が終わる、なんだか剛くんがそわそわしてる、きょろきょろしてる、下見てる、マイクが無い!とわたしが気づいたのは間奏が終わってから。マイク持ってないから歌えなくて剛くんが踊ってるだけだったのでそこで気づきました。そのまま曲が終わって、マイク大捜索ですよ6人で(笑)

長「こんなこと20年やってて初めてですよ」

隙間に落ちたんじゃない?とかうろうろする6人。とりあえず見つからなくてスペアのマイクを渡されてました。

剛「ていうかお前さっきのなんなんだよ」

健「俺は無理だよ」

剛「あそこは俺と坂本くんの見せ場なんだよ!」

健「俺はずっとできないと思ってたから、分かるでしょ?今日だって剛とは目を合わせないように回ってたのに呼ばれちゃって」

できるだろ、とかほんとに無理なの?とかいろいろ言われて、

健「やらないよ、できない」

 「やりませんし、できません!」

坂「お前な、ルールを根底から覆すんじゃないよ!」

健「私にルールはございません(キッパリ)」

でもそうは言いつつ剛くんと坂本くんから対角線にいた長野くんと岡田さんの間に隠れようとしてた健くんでした

健「みんな回るのに一生懸命で誰かマイク蹴ったんじゃないの?」

井「お前、残ってマイク探しとけよ!」

罰ゲームみたいに言われてました。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

残りはTwitterでの呟きを貼っていきますね。

ベルトのあたりを片手で掴んで持ち上げてお姫様抱っこするのにどれくらいの筋力必要なんだろう?その上で足を組んでその足を組み替える健くんの腹筋もいかほど?それを笑顔で難なくやる岡田さんと健くんのポテンシャルすげー…

 

岡田さんがイヤモニを右はつけてなくて左だけつけてて。健くんは岡田さんの左耳が見える位置にいたからイヤモニイヤモニって言ってて、岡田さんは右は聞こえてる状態だからこちらの声は聞こえていたとは思うんですけど、健くんに折れたというところですね。とにかくテンションと方言?が色々混ざってて、5人も「どうした?」「スイッチ入った?」って笑って見守ってました。いいお兄ちゃんたちだなー。やりきって曲が始まったときに健くんが岡田さんのとこいって肩をぽんぽんって労ってました。いいお兄ちゃんだなー。

 

岡田さんが後ろからいかないな?と思ったら前で健くんがちょこまかやってました

 

普通に(普通ではないんだけど)腰掴んだり触ったりというのをやってて、一度離れた岡田さんが位置に戻るギリギリのタイミングでもう1回触りにいってて、それが不意打ちだったのかその後すぐには歌えない健くんと、剛くんにしては珍しくガッツリ長野くんに絡みにいってたのと、坂本くんと井ノ原くんはボンタン狩りやってたような気がします(笑)

 

『キュルキュルと』のところで。なんの曲か分かっちゃいますね、ごめんなさい!

 

あざといとか言っちゃいましたけど、色んな立場を持ってる人みんなを楽しませるってことだと思う。最後にはちゃんと「みんなの笑顔がかわかったです!」で締めてました。

坂本くんは「これからも新しい景色を見せていきたい」

井ノ原くんが「もうダメだ、って思ったら俺たちのこと思い出して。みんながもうダメだってなったときにまた新潟に来ます」

長野くんの「これからも歩き続けていきます」

が印象的でした。剛くんと岡田さんの挨拶はほとんど覚えてないという…ごめんなさい。長野くんの歩き続けるっていいな、と。走るんじゃなく歩くというところが長野くんらしく、V6らしくていいな。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

▽ファンサ

以前ファンサについてこんな記事を書きました。

この時に作り直すといっていたこのうちわですが、結局作ることなくこれのまま参加しました。そしたらなんと一部壊れてましてですね、その場しのぎでマスキングテープはっつけてやりすごしました。

今回自分の周りの座席がほとんど剛くんのファンの方で、剛くんがどんなファンサするのかよく見えたこともあって、ファンサについて感じたことをつらつらと書いていこうと思います。(剛くん、健くん、井ノ原くん、岡田さんのファンサについてが主です)

f:id:kyxomg:20151020222203j:plain

分かりづらい図ですが、今回の座席がこんな感じでした。アリーナE3ブロックの一番後ろ。これ以上後ろは音響さんだったか照明さんだったかがいて、外周、横はすぐ花道というこっちにメンバーが来てくれたら確実に近くで見えるところでした。そして周りがほとんど剛くんファンでした!初めてかもしれないです、ここまで剛くんファンに囲まれるというのは。新潟はほとんどアリーナのみで2階席などが無いので、その分来てくれる回数も多く(たぶん)、トロッコも結構ゆっくりで止まったりしてくれていて、広い会場よりは満遍なくファンサしてたんじゃないかな。それでなくてもV6はいつも距離近いですから。

Fブロックまであったのですが、そちらは外周より外側だったので外周中よりは遠くなっちゃうのかなと思ったらとんでもなかった。後半戦始まったらFブロックの階段をメンバーが歩いて行って会場の一番後ろで歌うという。井ノ原くんが歩いている途中でファンの子かスタッフさんが勢いあまって転んでしまって「大丈夫?」なんて声かけてる場面もありました。なので、どこの席でも近かった。

周りの話に戻ります。

2階などに行かない分、何回も通ってくれるんですね。で、ここ剛くんファンの人が多いじゃないですか。だからか分からないですけど、剛くんが来る度にさっきファンサした人とは別の人に手振ってて、ひとりにファンサする時間を長くとっていたのか、ファンサする相手を変えているように見えて。ひとりひとりのことちゃんと見てるんだぁ、ってなぜか嬉しくなりました。ファンサするときの笑顔がまたかわいいんですよね。ちょっとはにかむところが。

岡田さんは終始ポイントポイントで敬礼のような?堂上教官ですか?と思うようなポーズで歩いていました。岡田さんのファンサはその時々でいつも違くておもしろいなって思います。一応、敬礼で返しておきました。(そしていつもどう返せばいいのか正解が分からないのが岡田さんのファンサ)

今回のライブで井ノ原くんに初めてファンサをいただけました。こっちの花道に来たときからこちら側の席のうちわをひとつひとつ井ノ原くんが見てくれてるのが分かったんですね。でも図のように周りに井ノ原くんのうちわが無い。しょうがないから音響さん飛び越えたところの最初にいるわたしたちに手振ってくれたのかな、って(笑)消去法かもしれないですけど、2回もファンサしてくれました。ありがとうございます。

10代の子が多かったからかメッセージうちわも多かったんですけど、トロッコに乗ったときとかほとんど全部に、たぶん見えたもの全部のうちわに反応してました。「ピースして」とか「ゆびさして」とかそういうの。全部律儀にやってましたよ。ちらっと見えたときは胸の前でハート作ってたりして。またそのポーズをやってる井ノ原くんが楽しそうだったので、名前だけじゃなくてメッセージうちわもいいかもしれないですね。

健くんもこれまた消去法かもしれないですけど、3回も手振ってくれまして。なんせこっち来たときに周りに剛くんのうちわしか無いので。人にしてるファンサもいいけど、自分にしてくれるとその手を振ってる笑顔を正面から見られるわけじゃないですか。横顔もキレイだけど正面もかわいいな、って(盲目)。あと色紙を投げるタイミングも近くで見てたんですけど、よく健くんがフェイントいれて投げたときのみんなの残念がってる顔がかわいいとかなんとか言ってるやつ。あれを近くで見られました。どこに投げようか考えてイタズラっ子みたいな顔してるなぁ、というのが見られたので大満足!

坂本くんと長野くんも何回か来てくれたんですけど、今挙げた4人より少なかったのと、周りにふたりのうちわが無かったので個別にファンサしてる姿が見られなかったんですよ~。残念。でも大人なふたりですから全体に手振るときは紳士な感じでした。それから長野くんは相変わらず笑顔がロイヤル。

 

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

以上、公演レポでした。

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

新潟公演の楽しさが少しでも共有できたら嬉しいです。